子供部屋の間仕切りリフォームには突っ張り棒式のパーティションをオススメしています。

子供部屋の間仕切りリフォーム【こどもベアーオリジナルパーティション!】
こどもベアーオリジナル「パーティション」完成!!

子供部屋リフォームのご相談内容で多いものに「子供部屋間仕切り」があります。

こどもベアーでは突っ張り棒式パーティションオリジナルで製作しご提案しています。

通常のリフォームだと

・建築工事で壁をつくり
・クロス工事で仕上げる

といった内容です。

でも、子供部屋のリフォームに求めるコストや、工事期間などを考慮するとパーティションの方が適しています。

その理由について詳しくご説明します。

↓子供部屋仕切りについてこどもベアーが考えるポイント

子供部屋の間仕切りならパーティションをオススメ

こどもベアーでは、子供部屋の仕切りにパーティションをオススメしています。

子供部屋として使う期間は短くて6年ほど

計算してみると、子供部屋として使う期間は短くて6年ほどです。

子どもが

・小学生~高校卒業まで 12年
・小学生~大学卒業まで 16年
・中学~高校卒業まで 6年
・中学~大学卒業まで 10年

たった6年で巣立ってしまうんだね( ; _ ; )/~~~

期間が限られているので極力費用は抑えたいですね。

間仕切り壁を撤去して部屋を元に戻すことも可能!

お子様が大学生活から一人暮らしすることになったりで、家を巣立つ時が来ます。
子供部屋としての期間を過ぎれば、仕切りを取り壊して別の用途に使いたくなります。

撤去がなるべく簡単にできるようシンプルなつくりにします!

またはパーティションの位置を変えたりなども可能です。

間仕切りなどのリフォーム工事はなるべく工期を短くしたい

リフォーム工事は近隣の方への配慮から、なるべく工期を短くしたいです。
「いつまでエレベーターを養生してるの?」
「工事の音がすごく響くから困る!」などなどは、とくにマンションではよくあるお声です。

工期短くしたい。なるべく1日で完成できるようパーテーションで設計をしています。

期間撤去工期の3点を考えてこどもベアーでは「パーティション」をオススメにしています。
壁ではなくパーティションにすることのメリットはそのほかにもあります。

子供部屋のエアコンの台数

エアコンは一部屋に一台が標準です。

エアコン追加のコストは大きい・・・

エアコンが一台しかない部屋を完全に壁で仕切ると、エアコンをもう一台追加する必要があります。

→エアコン追加は意外とコストがかかるのでできれば避けたいですね。

こどもベアーではパーティションの上部をオープンにして、エアコンの空気が通り抜けるようにしています。
完全に仕切りすぎないことでお部屋の空気が循環し、エアコンを追加することなく1台ですませることでコストを抑えます。

子供部屋パーティションは突っ張り棒方式

子供部屋のパーティションは突っ張り棒方式を採用しています。
「突っ張りだと緩んで外れてこない?」というお声もいただいていますが
オリジナルの工法で、万が一突っ張りが緩んでも倒れないようにしています。

パーテーションと収納

子供部屋として間仕切りすると、スペースが狭くなります。ベットとデスクを配置すると本棚などを配置するスペースがない場合もあります。

こどもベアーのオリジナルパーティションは、パネルを有孔ボード(パンチングボード)にしています。

有孔ボードのパーテーション

フック類は愛知県の「アサヒ」さんの製品をご提案しています。

有孔ボードには専用のフックを引っ掛けて、使いやすいように収納を自分で壁面にくむことができます。
壁面の収納力を高めることで、限られたスペースもなるべく有効活用できるようにします。

自分で考えながら、飾るように壁面収納をつくっていくのはとても楽しく人気です。

子供部屋の間仕切りリフォームには突っ張り棒式のパーティションを

期間撤去工期エアコン収納

それぞれのことを考慮してこどもベアーでは突っ張り棒間仕切り壁を設計しご提案しております。

子供部屋の間仕切りパーティション

ご提案の際には模型をつくって、お部屋のレイアウトをわかりやすくお伝えできるようにしています。

子供部屋間仕切り収納勉強スペースづくりなどのリフォームをお考えの際はぜひこどもベアーまでお問い合わせください!

コメント