子供部屋リフォーム!床を無垢板に張り替えました。

・合板フローリングから無垢のスギ板に張り替え。
・無垢のフローリングは隙間が気になる
・合板と無垢フローリングのいいとこ取りの「挽き板フローリング」

子供部屋の床を無垢のスギ板に張り替えました。

子ども部屋の床の張替え!スギの無垢フローリングに変身!

もともとは一般的な合板フローリングでした。

合板の上にうすい木目のシートを張り合わせたものです。
見た目は木ですが、キズがつきにくいように表面をかたく加工してあるため、さわると「ヒンヤリ」します。冬場などはカーペット等を敷かないと冷たいです。

その点、無垢のスギ板はやわらかくて、足触りが良く温かみがあります。
幼い頃はイスに座っているより、床にいて遊んだりしていることのほうが多いので無垢材を使ってあげると体が冷えにくく良いですね。

ただし無垢材は
・キズがつきやすいことと
・板と板の隙間があること
この2つも特徴です。

無垢なので経年変化していき、キズは気にならなくなります。
お寺の床のキズが気にならないのと同じです。

隙間が気になるようなら
無垢フローリングと合板フローリングのいいとこ取りをした
「挽き板フローリング」があります。

朝日ウッドテック 挽き板フローリング

表面に薄く挽き割った無垢材(2mm)が張り合わせてあります。
無垢の質感そのまま、伸び縮みしにくい合板のメリットもプラス。

お好みにあわせて選んでいただけます。

塗装もして完成!!
気持ちいい床で新学期!

ありがとうございました。


コメント