こどもベアー工場の人たち

新築時に、将来子供部屋の間仕切りを予定していたけど、いざそのタイミングになったらどこに相談していいのかわからない…。

建てたところに相談しても、普通に間仕切り壁をつくるだけしか提案してくれない…。

子ども部屋の悩み

そんなお声をたくさんいただいたので「もっとワクワクする子供部屋」を叶えるために、家具専門の常磐家具製作所とリフォーム専門のBulbulとで『こどもベアー』を立ち上げました。

こどもベアー

家具製作専門とリフォーム専門とがひとつに。今まではできなかった子供部屋リフォームが可能になりました。

協力して、「かっこいい!」「かわいい!」子供部屋をつくっています。
子供部屋 リフォーム 「こどもベアー」作業風景
こどもベアーの子供部屋リフォーム。

ただ壁で仕切るだけ
既製品をとりつけるだけという選択肢の少ないこども部屋リフォーム。

こどもベアーでは、家具を後付けとせずに
最初から家具も合わせてプランニングすることでもっと柔軟に理想的な空間をカタチにします。

こどもベアーの「つくり手」について

常磐家具製作所
代表取締役 村若 寛明

設立:昭和23年(1984年)
常磐家具製作所では、ご相談・お打合わせ・ご提案から、オーダーメイド家具の製作、現場施工(取付け)まで、すべて自社で一貫して行なっております。
同じものがない「特別な家具」をお届けできることをうれしく感じ、日々やりがいをもって取り組んでいます。

Bulbul(ブルブル)
代表 髙橋ミノル

1985年生まれ。
2017年、名古屋市中村区にリフォーム&リノベーション会社「Bulbul」を設立。
デザイン・ご提案〜現場施工まで、すべてを手がけています。

こどもベアーは全て自社工場製です。